【割り切りからセフレへ】セフレの作り方講座

【割り切りからセフレへ】セフレの作り方講座

割り切りセックスを続けていると、どうしてもあの娘をもういちど抱きたいなんて思うことも少なくなくなってきます。

やっぱりいろんな女の子とセックスを重ねていくと、カラダの相性がはっきりとわかるようになってきて、より相性のいい相手とセックスをしたくなってくるのが人間なんです。

セフレの作り方において、最も重要なのはカラダの相性と言っても過言ではありません。

セックスのときに出る脳内ホルモン「オキシトシン」は、最高の多幸感を与えてくれる物質です。

カラダの相性で性的快感は変わってきますし、性的快感が違うということはオキシトシンの分泌量も大きく変わってくるんです。

そしてこれを最大に得られるのはオーガズムに達したときで、男性よりも女性の方が圧倒的に分泌量が多いという事が言われています。

割り切り関係からセフレにするにはこの「オキシトシン」が大きな役割を果たすんです。

割り切りの単発セックスでオーガズムを狙え

  • 女性をオーガズムに導ければセフレの作り方では圧倒的有利
  • セフレの作り方の必勝法はオキシトシンによる誘惑

割り切りセックスは基本的に一回で終了するのが普通です。

セックスをする上でお試しというのが基本の割り切り関係では、男女ともに相手とのカラダの相性やセックス経験値を見ることがほとんどなんですね。

性癖によってはセフレ関係になるのが難しいパターンもありますが、普通の男女の感覚であれば体の相性とセックス経験値がちょうどよければセフレになる可能性が高いんです。

このページで案内しているセフレの作り方が通用しにくい性癖としては、ロリコンやショタコン、セックス経験値が少ない相手が好み、などが挙げられます。

ロリコンもショタコンも相手の年齢や見た目重視なので、どうしても時間が立てば新しいパートナーを求めてさまよてしまいやすいですし、セックス経験値の少ない相手を探しているならば、数回の割り切り関係で終わりというパターンが少なくないでしょう。

しかし、上記のような特殊な性癖でなければ、普通はカラダの相性が良く、セックス経験が同程度の相手とのセフレ関係は成立しやすいのです。

本気でセフレ関係になりたいのであれば、相手とのカラダの相性とセックス経験値を正しく把握するセフレの作り方を知るのが大事なんです。

「カラダの相性」はシンプルに性的快感を共有してオーガズムに達するために重要で、「セックス経験値」は相手にとって適切な刺激を与えてオーガズムに導くことができるかどうかに大きく影響します。

割り切りという、一期一会な関係のなかで、初めて会う性感帯未知の相手の、一番感じるポイントを適切に把握して、相手も自分もオーガズムに達することができるかどうかというのは、次回の割り切りアポの可能性や、セフレ関係に昇格する可能性を大きく左右するのです。

初回の割り切りセックスで女性をオーガズムに複数回導くことができれば、圧倒的なオキシトシンの分泌で、女性はメロメロになり、あなたのことを忘れられない状態になってしまうことでしょう。

つまりセフレの作り方の重要なポイントはオーガズムと、オキシトシンの分泌です。

しかしながら一番の問題は、わかりやすい反応の男性と違い、女性はオーガズムに達したかどうかの判断がとても難しいのです。

Comment

女性がイク時に出るオキシトシンは、強い多幸感をもたらしてくれる、愛情ホルモンと言われてて、これがセフレの作り方にはとても重要な項目なんですよ!

僕が考える最強の女性イカせテクニック!

僕が考える最強の女性イカせテクニック!

女性をオーガズムに導く、つまりイカせるためには、女性のオーガズムの特徴を知ることが第一です。

男性とは違って、女性はイクためのポイントが実は4つもあるんです。

その4つをきちんと把握し、相手の女性に合わせて的確に責め方を変えていくことで、割り切りセックスで初対面の女性とプレイする場合でもちゃんとイカせることができるんです。

これは神待ちとかパパ活とかの基本的にセックスを前提とはしていない感じの出会いでは基本できないというのも知っておいて下さい。

セックス前提の割り切りという出会いだからこそ、女性側もセックスを楽しむための姿勢がきちんと確立していて、それが女性をオーガズムに導くのに一役買っているんです。

これがセフレ関係となればもっとわかりやすいですね。

セックスを楽しむための関係ですから、当然オーガズムに達するのが前提の出会いです。

もしここで「クンニってなんですか?」なんてこと言ってたらどうなるか、わかりますよね?

さて、女性をイカせるための4つのポイントの紹介です。

セフレの作り方のいちばん重要なところなのでしっかりと読み込んでくださいね!

女性が感じるポイントは「クリトリス」「Gスポット」「ポルチオ」「乳首」の4つ。

「クリトリス」は男性器と同じ由来なので、わかりやすいと思います。

位置は女性器の上の方で、触れるだけで性的快感を与えられるのが特徴です。

男性と同じで、皮を被ったような状態になっているので、女性の反応を見ながら剥いてあげましょう。

すごく簡単に刺激を与えられる反面、男性器と同様にイクといわゆる賢者タイムが発生して、エロい気分が停止するという弱点があります。

この部位は、イカせるためというよりも、性的興奮を高い状態に持っていくためのポイントと考えていいです。

次のポイントが、かの有名な「Gスポット」

女性器の穴の中、正常位の向かい合わせの状態で手前側にある性感スポットです。

一節には知覚神経があるからとか、クリトリスを内側から刺激しているからとかありますが、女性によって気持ち良さの感じ方に差がある場所と言われてます。

クリトリスのように、触れるだけで感じるというわけではないので、実際に中指を入れて、中指の手のひら側の関節を曲げて触れられる位置を軽くトントンと叩いてみたり小刻みに震えさせてみたりして女の子の反応を見てみましょう。

普通とは違う大きな反応があればそこがGスポットです。

女性によってはGスポットを刺激されると性的快感よりも尿意が勝ってしまって気持ち良さはそこまで強く感じないという人もいるので、Gスポットの刺激テクニックをより一層鍛えるか、別のポイントに切り替えるか、判断が難しいポイントでもあります。

そして一番イクために男女の双方の意識が必要とされると言われる「ポルチオ」

ポルチオは女性器の穴の奥、子宮口の部分を刺激することで得られる快感で、セックスにおける快感としては最高峰と言う女性も少なくないポイントです。
セックスフレンドという関係は、このポルチオによるイキを知るための関係と言っていいくらいに、時間がかかるポイントなのです。

最も重要なのは男性側のセックステクの上手さではなく、女性側のポルチオで性的快感を得たいという意識。

基本的に子宮口は妊娠というリスクが発生する最後の砦なので、そこを刺激されるという感覚に怖さを覚える女性も少なくありません。

なので、ポルチオで女性をイカせるというのは基本的に女性側の気持ちを優先して確認を取ったりポルチオを意識してもらったりする必要があるエロテクニックなんです。

最も良いのは、実際にポルチオの性感帯開発を終えて、ポルチオイキの気持ち良さを知っている女性とのセックスを通してポルチオ開発のコツを理解するという方法ですね。

ポルチオという言葉すら知らずに割り切りセックス募集をしている女の子も少なくないので、このポルチオイカせという一歩先のセックス経験をしているというのは、女の子にとっても魅力的なんです。

なので割り切り募集でちょっと年上のセックス経験豊富な女性と割り切りセックスをするというのはとても学ぶことの多い意味のあるセックスなんですよ。

そして最後はイクのが難しいとされる「乳首」

女性の乳房は、基本が脂肪でできており、神経もそこまで多くは通ってないので「揉む」というアクションでは直接的な性感を得られないのです。

一方で乳首には神経が多く通っているため、こちらへの刺激には性感を得られやすいという女性の意見があるんです。

そして、乳首責めの際たる特徴は「乳首でイケる女性もいる」ということなんです。

乳首でイクというのはとても難しく、補助的に「スペンス乳腺」というおっぱいの脇の下側の付け根あたりを刺激しながら乳首を責めると効果的です。

乳首もポルチオと同様に、開発に時間がかかる部位ですが、女性側としてはスペンス乳腺の開発~乳首の方が不安を感じにくく、直接的に性的快感を得やすいというのがメリットなんです。

これらの王道の女性イキポイントをマスターして、女性を安定してイカせる事ができるようになれば、女性のオキシトシン分泌量も飛躍的に増えるので、圧倒的にセフレ関係を構築することが簡単になるんです。

セフレの作り方で最も重要なのは女性をイカにしてイカせるかにかかっているというお話です。

Comment

僕自身は割り切りを通して人妻や熟女のようなセックス経験値の高い女性と体験を重ねてやっとこの女性特有のイキ領域を知ることが出来たんです。百聞は一見にしかず、セックスをうまくなりたいのなら絶対に通るべき登竜門なのです!

AVを参考にすると100%絶対にセフレは出来ません

  • AVは見せるためのセックスでプロ専用
  • ”好き”を示してセフレ化率を高めよう

良くAV鑑賞を入念にしてるから自分はセックスに自信があるという男性を見かけます。

確かにAVには基本的な女性が感じる性感帯の知識を得られるだけのポテンシャルはあるんです。

しかしながら、これはあくまで鑑賞のためのセックスであるので、セフレの作り方にはまったくそぐわないことを忘れてはいけません。

そう、AVを手本に割り切りセックスをすると、100000%の確率で絶対に女性はセフレにはなってくれません。

演出のためのセックスと、割り切り・セフレのためのセックスは全くと言っていいほど異なるからなのです。

女性がセフレになってくれるのは「正しく性的快感を与えてくれるから」であって「AVのような激しくエロいセックスを求めているから」ではないんです。
セフレの作り方でそこを取り違えると泥沼にハマってしまうので要注意です。

AVを見ているとわかりますが、演出のために様々なエロプレイを取り入れています。

有名なAVの演出では潮吹きやアナルセックス、言葉責めなどがあるようですが、普通に考えればこれらはよほど女性が好まない限りありえないプレイなんです。

特に潮吹きプレイに関してはAV専用の演出と言ってもいいものです。

男性の射精と雰囲気が似ているため「潮吹き=女性がイッた時の反応」という勘違いが多いのが現状ですが、まったくもって違います。

それどころか、潮吹き自体は女性がイクのを妨げる可能性もある反応で、”恥ずかしいから”とかではなく、”セックスを楽しめなくなるため”に潮吹きを嫌がる女性もいるのです。

この点を勘違いして、本気で嫌がる女性のGスポットを執拗に責めて潮吹きさせようとしてしまうと、その割り切りセックスは1回で終了、連絡も一切取れないレベルにまで嫌われる可能性があることはすぐに分かると思います。

本気でセフレの作り方を知りたいと思うのであれば、AVを参考にしたセックスは絶対に厳禁であることを覚えておきましょう。

Comment

AV女優の人は男性に楽しんでもらうための演技のセックスをマスターしたプロの人達です。それを参考にしても素人の女性が楽しめるわけがない、って言うのはわかりますよね?

セフレにしたいなら好きになってしまうのもアリ

セフレにしたいなら好きになってしまうのもアリ

女性をイカセられれば確かにセフレになってもらえる可能性が非常に高くなるんですが、それ以上に、女性にとって性的快感を増幅できるのが、好きという感情です。

セフレの作り方の中で最も簡単で、最もバランスの難しいテクニックが、この”好き”をちょうどいいラインで伝えるかという方法なんです。

女性側としても、遊びの関係前提なので、本気の好きをもらっても困るというのはありますが、好きという感情自体は必ずしも嫌なものではないんです。

もちろん好きになってからストーカーのようになる男性も少なからずいるので、女性の安心を脅かすような過剰な”好き”言動やアクションは流石にセフレからは遠のいてしまいます。

あくまで遊び相手としての”好き”、セックス前提での”好き”というのが比較的に好まれるでしょう。

加えて、自身も相手も交際相手不在の状態なら、圧倒的にセフレになってくれる可能性が高まります。

セックスで発生する脳内ホルモン「オキシトシン」は男女の愛情に関係する多幸感を感じさせてくれるものなので、どんなに最初は恋愛感情を持っていなくても、カラダが強制的に相手を擬似的恋人として認識してしまうものなのです。

最初は理性で抑えられていても、徐々に好きな感情が育っていくものなのです。

なので、”好き”という感情を言葉やアクションで示し続けると、理性的にも、本能的にも、相手と一緒にいる時間に好感を持てるようになるんです。

絶対的に、相手と一緒にいる時間に好感を持てなければセックスフレンドにはなれないというのはすぐに分かると思います。

その好感を引き出すのに好きになってしまうというのが効果を発揮するわけなのです。

もちろんその後の関係がうまくいくのであれば恋人になるというのも夢ではありませんよ!

Comment

セフレの作り方は言ってしまえば恋人の作り方とほとんど同じ。順序が逆なだけだけども、むしろソッチのほうが長く続く恋人になるから僕としては圧倒的におすすめしますよ!

Posted by admin