東京の婚活に疲れたと思ったらセフレができた話

割り切りセフレ掲示板に登録して東京で出会えた記念として体験談をいただきましたので紹介します。

最近になって、お見合い系の有料サイトをやめて割り切りセフレ掲示板での出会いを求める人が男女ともに増えています。

特に東京の都市圏ではお見合い目的の男女は婚活パーティや街コンなどで圧倒的な美男美女、高額所得者なんかに圧倒されて精神をやられるので避けている模様です。

こういった質素な出会いとは無縁の婚活戦争に疲れた人たちが純粋な出会いを求めて割り切りセフレ掲示板に集まってきてるようです。

出会い系は初めてでした。

出会い系は初めてでした。

はじめましてT郎(40歳)と申します。

この歳になって年齢的に疲れと寂しさから、伴侶が欲しいと焦ってしまった次第です。

昨年暮れに割り切りセフレ掲示板というのを知って、正直言って下半身しか見ていないような下品なサイトだと軽蔑しておりました。

でも実際登録すると、そんなエロ募集ばかりではなく、まっとうな募集もあることを知りました。

普通の募集にメールしてみると、意外にも30代くらいの女性が相手してくれるのに驚きました。

婚活パーティでは40代で年収400万程度では同じく焦っているはずの40代女性にすら相手にされなかったにもかかわらず。

不毛な婚活でかなり傷ついていたので、こんな出会いの場もあるのかと感動しておりました。

今回出会ったのは、恥ずかしながらセフレ関係となっている女性でして、30代後半の独身女性です。

彼女は、結婚の経験があり、旦那からの口頭によるDVでかなり参ってしまったとのことで、程なくして別れてしまったそうです。

その女性は独り身の今は寂しさはあるものの、そのトラウマから深いお付き合いというのがどうしてもできないとのことでした。

そんな彼女とはなぜか馬が合い、最初の頃こそ彼女からの返信は2日くらい空いたりしていたのが、今では半日に1回は必ず電話するほどに。

正式に付き合う仲とはまだなっておりませんが、セフレ関係というのが安定しており、彼女いわく時間が経てば何かしら(気持ちが)変わるかもしれないとのことでした。

セフレ=ヤリマンと思い込んでいました。

セフレ=ヤリマンと思い込んでいました。

正直言って、カラダだけの関係というのは、誰でもいいからヤリたい男性女性が行き着くセックスフレンドだと思っていました。

しかしながら、今回出会った女性は、誰とでもヤりたいわけではないですが、精神的に深い関係にはなりたくないという今まで経験したことのない女性です。

付き合う前からカラダの関係なんて、と思うフシがあった私ですが、カラダの関係から入ることで徐々に凍てついた心が溶けていくというのもあるんだな、と正直驚いております。

ヤリマンではなくとも、事実上セフレの関係というのが成立している点でちょっと不安定ながらも、またとない機会なのでしばらく続けようと思います。

女性からも「他に良い女性がいれば私は構わない」という話をされており、出会いのフットワークは軽いですが、正直この出会いは大切にしたいと考えております。

世の中出会いの形というのは思わぬところで出てくるものだなと思い、これからは偏見なく割り切りセフレ掲示板を使っていきたい所存です。

Comment

若い人に流行りの割り切りセフレ掲示板ですが、基本は出会いの場なんです。僕自身も結構偏見あるお堅い性格でしたので、その気持ちよくわかります。大切な人と出会うのに場所なんて関係ないのです。

体験者が利用してる割り切りセフレ掲示板

A男プロフ

~A男☆PROFILE~

血液型:B型 身長:169cm 体重:63kg

草食系男子出身。割り切りセフレ掲示板に出会って、仮面草食系男子になる。割り切りでA子と出会い、セフレ~恋人と順調に交際期間を重ねる。割り切りセフレ掲示板での出会いの素晴らしさを伝えるためにこのサイトを立ち上げた。